« お待たせしました | トップページ | 香川丸亀ハーフマラソン »

2007年2月 3日 (土)

どろろ

手塚治虫の怪奇漫画の実写映画化である

 出演 妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、瑛太ほか

(感想)おもしろかった。個人的にはラストがちょっと物足りなく感じたかな。

ひょっとしたらパート2が・・・ と思わせる終わり方だったようにも思えた。

(ストーリー) 戦国の世 乱世を治める力を得るため、自分の子である

百鬼丸(妻夫木)の体から48箇所を魔物に差し出してしまう。やがて体の

一部を取り戻せる事を知った百鬼丸は、魔物退治の旅に出る・・・。

|

« お待たせしました | トップページ | 香川丸亀ハーフマラソン »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。TBありがとうございます。
原作ファンなので、個人的には不満が残ったかなぁ。

投稿: もじゃ | 2007年2月14日 (水) 20:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134333/5195822

この記事へのトラックバック一覧です: どろろ:

» 柴咲コウ - actuality [こんな音楽発見!]
11枚目のシングルは、かつての恋人を思い出しながら、クリスマス前の夜を一人で過ごす日々の寂しさを淡々と歌うバラード。 [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 00:01

» どろろ 07025 [猫姫じゃ]
どろろ 2007年   塩田明彦 監督  手塚治虫 原作妻夫木聡 柴咲コウ 中井貴一 中村嘉葎雄 原田芳雄 土屋アンナ 原田美枝子 瑛太 この監督、「ギプス」と「黄泉がえり」を見ているわね。 原作ファンではありません。でも、どちらが「どろろ」か、もう片方....... [続きを読む]

受信: 2007年2月 6日 (火) 02:16

» どろろ [映画鑑賞★日記・・・]
公開:2007/01/27(01/27鑑賞)PG-12監督:塩田明彦アクション監督:チン・シウトン出演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子、中村嘉葎雄、原田芳雄、中井貴一醍醐の動く城?・・・なんか動きそうだ。あの城の中にはしゃべる炎の魔物とかいそう。でも耐震構造にチェックが....... [続きを読む]

受信: 2007年2月 6日 (火) 18:23

» どろろ のリンク集 [どろろのリンク集]
どろろ知ってますか?どろろ のリンク集 [続きを読む]

受信: 2007年2月 6日 (火) 21:37

» 『どろろ』 ('07初鑑賞13・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆★-- (5段階評価で 2.5) 1月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:55の回を鑑賞。{%thunder_a%} [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 00:14

» どろろ [タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌]
製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 138分 監督 塩田明彦 製作総指揮 − 原作 手塚治虫 脚本 NAKA雅MURA 、塩田明彦 音楽 安川午朗 、福岡ユタカ 出演 妻夫木聡 、柴咲コウ 、瑛太 、原田美枝子 、杉本哲太 、 麻生久美子 、土屋アンナ 、劇団ひと...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 04:36

» 「どろろ」 全体的に消化不良でもったいない [はらやんの映画徒然草]
早く観たいと思っていた映画だったのですが、ややもの足りない感じがしました。 期待 [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 05:47

» 【 どろろ 】 [もじゃ映画メモメモ]
失われた体を取り戻すため旅する百鬼丸と彼の刀を奪うべく同行する盗人どろろの冒険活劇。手塚治虫原作コミックの実写映画化。 いきなりキャスティング発表からネタバレになってしまっていた...どろろ役柴咲コウ。つーか、オトナだし!...原作知らない人はどうでもいい...... [続きを読む]

受信: 2007年2月14日 (水) 20:50

» どろろ 30点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
四十八体不満足 公式サイト 手塚治虫の同名漫画を実写映画化。生まれながらに奪われた、体の四十八箇所を取り戻す為、妖怪と戦う百鬼丸(妻夫木聡)と、彼の道連れとなる盗人少年・どろろ(柴咲コウ)の、妖怪退治の旅を描いた伝奇アクション・ロードムービー。 「日....... [続きを読む]

受信: 2007年2月14日 (水) 23:52

» どろろ・・・・・評価額800円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
アア、ヤッチマッタァ・・・・・ 実の父の賭けた呪いのため、生れながらに体の四十八ヶ所を魔物に奪われた剣士・百鬼丸の冒険を描いた「どろろ」は、手塚治虫の代表作の一つだ。 原作発表後間もない1969年に、杉井ギザブロー... [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 21:57

» どろろ [そーれりぽーと]
手塚治虫の漫画『どろろ』を映画化。 っつうても、手塚作品の中では妖怪漫画ブームの頃にあやかって書かれたマイナーな妖怪漫画だから、俺自身も読んだ事が無かったので、満喫でチェックしてから観てきました。 ★★★ ★2個半って先日観た映画にも付けたばかりだし、どっちつかずであんまり付けたく無いんだけど、ほんとそういう感じの映画。 ストーリーは面白いんですよねぇ、原作からのアレンジも上手いし。 加えて役者も良い素材揃っ�... [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 23:57

» どろろ [ネタバレ映画館]
ほげほげたらたらほげたらぽん! [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 13:06

» 『どろろ』 [ラムの大通り]
「もう、これは『ごめんなさい』って感じ」 ----うん?どういう意味ニャの? 「いやあ、せっかく早く見せてもらったのに、 ぼくにはまったくダメで……」 ----確か、手塚治虫の原作だよね? オモシロそうなお話じゃニャい? 「うん。この原作は子供の頃、確かテレビアニメにもなって、 夢中になって観ていたんだけどね。 原作の舞台は室町末期。 醍醐景光は天下取りの代償として 自分の子を48体の魔神(映画では魔物)�... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 13:59

» 『どろろ』 [試写会帰りに]
魔神に奪われた体の48箇所と呼応する48の魔物がいて、それを倒すことによって体の部分を一つずつ取り戻して行くという奇想天外なストーリーがとても印象的。その取り戻し方の描写がまた凄い。百鬼丸がまるで産みの苦しみのようなを痛みを感じながら、仮の体から本物の目鼻口..... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 19:20

» 「どろろ」完成披露試写会 [てんびんthe LIFE]
「どろろ」完成披露試写会 東京国際フォーラムホールCで鑑賞 舞台挨拶の登壇者は塩田監督、アクション監督程小東(チン・シウトン)、妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、土屋アンナ。司会はTBSの久保田アナ。質問と応えの掛け合いが微妙に下手で面白かった。たぶん、質問を事前に打ち合わせしていませんから答えられません。みたいな柴咲コウとか、それでもどうにか応えなきゃいけない俳優さんたちでした。みんなTVの生放送とかダメっぽいです。妻夫木クンは場の修正にあたったりとか、なんかホント微妙な舞台挨拶。それなりに豪華で変... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 19:46

» 『どろろ』 完成披露試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
戦国の世を憂う武将の醍醐景光(中井貴一)は、乱世を治める力を得るため、自分の子である百鬼丸(妻夫木聡)の体から48か所を魔物に差し出してしまう。やがて体の一部を取り戻せることを知った百鬼丸は、魔物退治の旅に出る。一方、コソ泥のどろろ(柴咲コウ)は百鬼丸の強... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 21:29

» ニュージーランド政府観光局推奨【どろろ】 [犬も歩けばBohにあたる!]
「日本映画の歴史を変える!」 と大々的に宣伝してる「どろろ」見てきました。 うー [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 23:23

» どろろ [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 巻き舌スパーク!どるろろろろろろろろろっ!  [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 08:37

» どろろ [5125年映画の旅]
魔物によって体の四十八箇所を奪われた姿で生まれてきた百鬼丸。親に捨てられた彼は奇術師に拾われ、造られた仮の身体を与えられる。それから20年、百鬼丸は奪われた身体を取り戻すための旅にでる。立ち寄った町で彼は、自分の身体に仕込まれた刀を狙う泥棒・どろろに目...... [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 20:36

» どろろ(20040127) [cococo]
原作を読んでいたが、記憶がぼんやり(いつもそうだが)していたのと、ニュージーラン [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 21:29

» 映画 どろろ [よろず茶屋 ]
公開初日、レイトショーにて。 手塚治虫先生は好きだ。原作の「どろろ」も読んだ。でも初日に観に行くほどのファンではない。 KUROがどうしても「どろろ」がいいと駄々をこねるからしょーがなく・・・ あ゛〜、やっぱりDVDで十分だったよ〜。 だから「幸せのちか....... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 04:39

» 映画「どろろ」 [しょうちゃんの映画観ないとあかんてぇ]
とある時代のとある国。戦乱が続き、荒廃が進む世を憂う武将・醍醐景光は、国を治める力を手に入れるため、生まれてくる我が子の体48箇所を48体の魔物に差し出した。醜い姿で生まれ、そのまま捨てられた赤ん坊・百鬼丸は医師・寿海に拾われる。寿海は百鬼丸に失われた部位の代わりとなる作り物の体と護身の妖刀を与え大切に育てるのだった。立派な青年に成長した百鬼丸は、魔物を倒すごとに失われた部位を一つずつ取り戻すことを知り、魔物退治の旅に出る。... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 11:34

» どろろ [Akira's VOICE]
自分探しは永遠に終わらない! [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 16:11

» どろろ [八ちゃんの日常空間]
次の時代を彷彿させる素晴らしい映画でした。やるじゃん!アジア圏や世界配給を狙って最初から作るのでしたら、もう少しアジアの才能を集めても良かったのではないかと思いますけどね。日本の特撮世界と香港のマーシャルアーツが融合すれば、きっと凄い世界観を産めると思う...... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 16:27

» ただの妖怪映画ではない。『どろろ』 [水曜日のシネマ日記]
手塚治虫原作の怪奇漫画を実写映画化したアクション時代劇です。 [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 16:50

» ★「どろろ」 [ひらりん的映画ブログ]
今週は、「幸せのちから」と「どろろ」どっちにしようかなぁ・・と迷ったっ。 「幸せ〜」はオスカー候補だし・・・ 「どろろ」はTBSでバンバン宣伝してるし・・・。 結局、上映開始が10分早い「どろろ」に決定。 [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 (水) 00:21

» どろろ (2007) 137分 [極私的映画論+α]
 私にとっては原作よりもやっぱアニメが懐かしいなぁ(^^; 畳の目に「どろろ」ってタイトルがね(笑)  ウエスタンならぬ「サザン」だよね(謎) [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 (水) 19:38

» 『どろろ DORORO』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『どろろ DORORO』鑑賞レビュー!    物語が、動き出す。ε=ε=ε=ε=┏( ・_・)┛ 孤独と絶望のなかで、彼らは愛と希望を諦めない テーマは、「正義」「勇気」そして「希望」 アジア発、世界へ 手塚治虫原作のホラー時代劇 百鬼丸役の妻夫木聡と どろろ役の柴咲コウが 「LOVERS」のアクション監督のもと 激しい殺陣に挑む CGによる恐ろしい魔物たちの描写も見もの 2007年/日本 公開::::2007年1月27日 上映時間:... [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 (水) 19:47

» どろろ(映画館) [ひるめし。]
運命を超える旅へ。 [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 (水) 21:05

» 映画 「どろろ」 を見ました [THE有頂天ブログ]
1月27日より公開されている映画「どろろ」を見てきました。 ■「どろろ」パンフレット (600円) ■DVD:どろろ (出演 妻夫木聡、柴咲コウ) ■DVD:どろろ Complete BOX 映像化不可能といわれた手塚治虫の漫画を実写映像化した作品。 妻夫木聡&柴咲コウという色んな意味で話題の二人が主演。 監督は「黄泉がえり」「この胸いっぱいの愛を」の塩田明彦。 アクション監督は「LOVERS」「HERO」「少林サッカー」のチン・シウトン(程小東)。 主題歌はMr... [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 (水) 23:33

» 「どろろ」みた。 [たいむのひとりごと]
ひさしぶりに試写会。観ようかどうか迷っていた作品だっただけに、当選はラッキーなのかな?(本当に観たい作品は、お金を出したってみるしねw)原作が”手塚治虫”なだけあって、「いかにも~」というファンタジー作品。(といいつつ原作は未読。手塚作品... [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 (水) 23:34

» 〈映画〉どろろ [Crescent Moon]
 「どろろ」観てきました^^ 今年1本目です♪ 珍しく原作をよく知らない状態での鑑賞です。「どろろ」という手塚治虫さんの作品があるのは知っていたのですが、映画を観るまで二人の名前逆だと思ってました(^^;  初日という事でたくさん人が入っていて、年齢層の広さに....... [続きを読む]

受信: 2007年2月22日 (木) 12:32

» 映画vol.106 『どろろ』*試写会3 [Cold in Summer]
どろろ ナビゲートDVD〜序章〜 監督:塩田明彦 アクション:チン・シウトン 出演:妻夫木聡 柴崎コウ 瑛太!   製作:2007年 日本 公式HP 試写会第3弾は、どろろでした♪ アニメの録画を見せてもらったことがありましたが、「誕生時....... [続きを読む]

受信: 2007年2月22日 (木) 14:26

» どろろ [とにかく、映画好きなもので。]
 天下統一を夢見た武将・醍醐景光(中井貴一)は、自分の息子の体と引き換えに強大な力を得て、統一に向かった。その結果、体の四十八ヶ所を四十八の魔物に奪われた赤ん坊は、呪医師・寿海(原田芳雄)の秘術によって救われた。  やがて成長した赤ん坊....... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 10:23

» 映画「どろろ」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「どろろ」 昭和42年「週刊少年サンデー」で発表された手塚治虫の作品を実写映像化。体の48か所を魔物に奪われた百鬼丸が、体を取り戻すためにコソ泥“どろろ”とともに魔物退治の旅に出る。 戦国の世を憂う武将の醍醐景光(中井貴一)は、乱世を治める力を得るため、魔物と取引をしてしまう。彼がなんら悩むこと無くこの取引に応じるのが恐ろしい。取引したにも関わらず20年経っても天下統一は成っていないのに・・。 親の欲望によって身�... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 00:25

» 【2007-13】どろろ [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
ある戦乱の世─ 魔物に奪われし体の四十八箇所を取り戻す旅をする者がいた そして、その左腕に仕込まれた刀を盗もうと旅を追うもの 運命をぶった斬れ 二人でひとつ 物語が、動き出す。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 21:58

» 「どろろ」 [こだわりの館blog版]
【時代劇】なのに【無国籍】テイスト満載! 2/10 Tジョイ大泉 にて 監督・脚本:塩田明彦 原作:手塚治虫 脚本:NAKA雅MURA 出演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、杉本哲太、土屋アンナ、麻生久美子、    きたろう、山谷初男、中村嘉葎雄、原田芳雄、原田美枝子、... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 12:18

» 香港で「どろろ」旋風!妻夫木&柴咲も熱いファンに大感激 [竹内結子、中村獅童、新庄剛志,赤西仁,浜崎あゆみ、 長瀬智也、長澤まさみ、沢尻エリカ 。目指せ芸能通。]
目指せ芸能通。 [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 13:04

» どろろあらすじ [超どフリーなブログ]
室町時代末期、武士の醍醐景光は天下取りの代償としてオノレの子を生贄として48体の魔神に差し出す。その結果赤ん坊は体の48箇所を欠損した体で生まれ、化け物としてそのまんま川に流され、ホらられてまう。医者・寿海に拾われた赤ん坊は彼の手により義手や義足を与えられはった。14年後、成長した赤ん坊は百鬼丸(ひゃっきまる)と名乗り、不思議な声に導かれるまんまにオノレの体を取り戻す旅に出るちうわけや。旅の途中、百鬼丸は数人の大人に苛められとったこそ泥のどろろと出会うわ。百鬼丸はどろろを助けるがどろろは礼をぬかすど... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 14:30

» どろろ [超どフリーなブログ]
時代劇で妖怪物、ちうごっつう特殊なジャンルとして発表され、アニメ化に伴う掲載誌の変更、ヒーローキャラである百鬼丸をうたったタイトル変更、なんやよりも全身に欠損を持つ超能力者と盗賊の孤児が主人公ちうことで、差別問題やらなんやらビミョーな問題がようけ地上波では殆ど再放送されへんやらなんやらごっつう不遇な状況を背負った作品。... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 14:34

» どろろを見てきましたぁ♪ [141chanの気まぐれ日記]
なにかと話題のどろろをやっと見に行ってきました。 どろろとは手塚治虫の人気漫画『どろろ』を映画したもので、主演が妻夫木聡、柴咲コウです。 前に犬神家を見に行った時に予告でどろろがやっていて、なんか楽しそうだなぁって思ってて、それで休みだったからどろろを見に行ってきたの。 ... [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 01:23

» 「どろろ」 [古今東西座]
なんっつうか… 大味 なんだよね、この映画。 今回は珍しく原作を既に読んでいる作品の映画化。とは云っても読んだのはもう10年どころじゃない前のこと。当然細かいことまでは覚えていない状態。 戦国時代、武将・醍醐影光は天下を取れるよう魔物と契約をする。魔物の交換条件は、これから生まれてくる彼の息子の体のパーツ48箇所との引き換え。それを受け入れた醍醐影光は次第に勢力を伸ばしていく。一方、その息子は頭と胴体だけの姿で生まれ、すぐに捨てられてしまう。その子を拾った寿海により、人工の体のパーツを与えられ成長し... [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 20:05

» どろろ <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
「PG−12」だけあって いきなり首チョンパで血まみれ〜〜子供が怖がる様な場面多々有り。が、とっても手塚ちっくな話で面白かった一緒に観に行った旦那は 妻夫木君がこんなにカッコいいヤツとは知らなんだと、えらく褒めていた。 「どろろ」 ってタイトルやけど妻...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 01:32

» 『どろろ』 [京の昼寝〜♪]
失われた体と心を取り戻すために、今こそ運命に挑め ■監督 塩田明彦■原作 手塚治虫 ■キャスト 妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、原田芳雄、中村嘉葎雄、原田美枝子、瑛太、杉本哲太、土屋アンナ、劇団ひとり □オフィシャルサイト  『どろろ』  戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光(中井貴一)は四十八体の魔物から強大な力を与えられるが、その見返りに生まれくる我が子を捧げた。 やが... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 12:17

» ツマブキ 聡 柴咲 コウ 熱愛の真相 [情報ジャーナル]
ツマブキ 聡について1997年に300万人が応募した「スタアオーディション」でグランプリを獲得。 1998年にドラマ『すばらしい日々』でデビューし、2000年に出演した『池袋ウエストゲートパーク』(TBS)でブレーク、2001年には『ウォーターボーイズ』(東宝)で映画初主...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 8日 (木) 19:37

» 映画「どろろ」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2007年8本目の劇場鑑賞です。「黄泉がえり」「この胸いっぱいの愛を」の塩田明彦監督作品。手塚治虫の同名漫画を映画化した冒険活劇大作。失われた元の体を取り戻すため魔物との闘いを繰り返す百鬼丸とそんな百鬼丸をつけ回す盗人・どろろが繰り広げる旅の行方を壮大なス...... [続きを読む]

受信: 2007年3月22日 (木) 17:32

« お待たせしました | トップページ | 香川丸亀ハーフマラソン »