« 地域防災イベント(後編) | トップページ | 優勝のゆくえは? »

2006年12月17日 (日)

武士の一分

監督 山田洋次

出演 木村拓哉、檀れい、笹野高史 ほか

「たそがれ清兵衛」 「隠し剣鬼の爪」 に続く
時代劇3部作の最終章

時代劇ということもあり年輩の方が多かった。

三村新之丞(木村)は妻の加世(檀)と幸せに暮らしていた。
藩主の毒見役を務めていたが貝の毒にあたり失明して
しまったことから人生の歯車が狂いはじめる。

新之丞は島田に"武士の一分”をかけた果し合いを挑む。

|

« 地域防災イベント(後編) | トップページ | 優勝のゆくえは? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134333/4582006

この記事へのトラックバック一覧です: 武士の一分:

» 武士の一分 / 映画 [あかねのたわごと☆本日記]
『武士の一分』観て来ました STORY:東北の小藩に仕える下級武士の三村が、毒見役の仕事の最中に貝の毒にあたり、盲目になってしまう。それまで、毒見役という仕事に不満を感じてはいたものの、美しい妻と共に幸せに暮らしていたのだが、この出来事によって、三村の平和な生活が崩れ始めていく。話題作ということもあって、ちょっと浮かれ気分(!?)で、妹と観て来ました。わたしたちの前の時間帯に観ていた人たちが劇場か... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 16:14

» 『武士の一分』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『武士の一分(いちぶん)』鑑賞レビュー! 人には命をかけても 守らねばならない 一分(いちぶん)がある 『武士の一分(いちぶん)』とは 侍が命をかけて守らねばならない 名誉や面目をいう ★review★ 映画の日 1日に観て来ました〜! 千円均一の日に公開開始なんて ラッキーですた!(-人-)ありがたやありがたや。。。。 本作は、前回鑑賞の★007/カジノロワイヤルとは 180°転換の?"復讐劇"かと思いきや なんのなんの下級武士で... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 19:34

» うーーーむ・・・ 「武士の一分」 [平気の平左]
評価:70点 [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 20:50

» 武士の一分 (2006) 121分 [極私的映画論+α]
 この映画で本当の「武士の一分」を私たちに感じさせてくれたのは・・・「あの人」でした(笑) [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 21:46

» 『武士の一分』 [京の昼寝〜♪]
命をかけて、守りたい愛がある。 ■監督・脚本 山田洋次■原作 藤沢周平(「盲目剣谺(こだま)返し」文藝春秋刊【隠し剣秋風抄】所収) ■脚本 山本一郎・平松恵美子■キャスト 木村拓哉、檀れい、笹野高史、小林稔侍、緒形拳、桃井かおり、坂東三津五郎、大地康雄□オフィシャルサイト  『武士の一分』 下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻の加世(檀れい)と穏やかな生活を送っていた。�... [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 21:58

» 『武士の一分』 [ラムの大通り]
----この日、スゴい台風が接近していたよね。 朝10時からじやお客も少なかったんじゃない。 「いやいやそれがどうして。これが補助席が出るほどの超満員。 山田洋次にキムタクとくれば、それもうなずけるかな」 ----たしか、山田洋次は「最初に高倉健に会ったときのようだった」と キムタクを大絶賛だよね。 それって眉唾っぽく感じていたんだけど、偽りなかったというわけ? そもそもキムタクって言うと何をやっても器用で同�... [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 22:05

» 武士の一分/木村拓哉、檀れい [カノンな日々]
時代劇でがんす。山田洋次でがんす。そして、木村拓哉でがんす。山田洋次×木村拓哉という組合せに、宮崎駿×木村拓哉をイメージしちゃった方も多いんじゃないでしょうか。アレ?私だけかな? 山田時代劇三部作ということで、が無敵なヒーローではなく、平凡な下級武士とい....... [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 23:34

» 武士の一分・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
木村拓哉、毒にあたって苦しんでても、高熱にうなされてても・・ええ男やなあ・・・。 私も風邪をひいて、一週間以上体調が最悪。 キムタクじゃないので、もう人前に出ることすら出来ないボロボロの状態だ。 映... [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水) 04:56

» 武士の一分 [迷宮映画館]
閉ざされた世界と閉塞感・・・どっちを感じるか。 [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水) 21:30

» 『武士の一分(いちぶん)』 [Sweet* Days ]
原作:藤沢周平 監督:山田洋次 CAST:木村拓哉、檀れい、笹野高史 他 STORY:近習組に勤める下級武士の三村新之丞(木村拓哉)の仕事は毒味役。新之丞はそんな仕事に嫌気が差しながらも、美しい妻、加世(檀れ)と中間の徳平(笹野高史)と平穏な日々を過ごしていた。ある日、いつもの通りの毒味後、新之丞の体に異変が起こる・・・・ 山田洋次監督の藤沢周平時代劇3作目。 前2作の『たそがれ清兵衛』と『鬼の爪 隠し剣』とはまたひと味違ったこの『武士の一分』。 主人公が東北の下級武士という点では... [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水) 22:39

» 武士の一分 [八ちゃんの日常空間]
ブログをやっているコアな映画ファンには満足いかないかも知れない。 だが、一般の人々、買い物ついでに友達と映画をよく観たりする人、夫婦、時代劇好き、ドラマ好きの人には大満足出来るようなすばらしい「邦画」だ。... [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木) 06:15

» 公開前に話題にし過ぎた事が失敗。『武士の一分』 [水曜日のシネマ日記]
木村拓哉主演の時代劇映画です。 [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木) 07:11

» 武士の一分 [シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー]
譲らない心。譲れない愛。【ストーリー】海坂藩の毒見役として務める新之丞(木村拓哉)は、毒に当たって失明。夫婦の将来を案じ、助けを求める妻(壇れい)・加世は、助けるふりをして言葉巧みに言い寄る上士・島田藤弥(坂東三津五郎)の罠にはまってしまう。新之丞は盲目の身ながらも復讐を誓い、島田に果し合いを申し込むが・・・【観賞後の感想】地元の映画館によると、今年は日本映画バブルなのだそうです。日本映画にヒット作が多いのではなく、ハリウッド映画にヒット作がないそうです。日本映画ファンド...... [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木) 10:56

» 武士の一分 [はむきちのいろいろ日記]
三村新之丞は東北の小藩に仕える三十石の下級武士。剣術の覚えもあり、藩校でも秀才と言われながら、現在の勤めは毒味役。張り合いのない役目に不満を持ちながらも、美しく気立てのいい妻・加代とつましくも笑いの絶えない平和な日々を送っていた。ところが、そんな平穏な生活が一変してしまう。貝の毒にあたった新之丞が、一命は取り留めたものの失明してしまったのだ。絶望し、自ら命を絶とうとする新之丞を、加代は懸命に思い留まらせるの... [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木) 19:14

» 武士の一分(映画館) [ひるめし。]
人には命をかけても守らなければならない一分がある。 [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木) 20:38

» 武士の一分 [映画を観たよ]
劇場は満員! 女性が目立っていたでしょうか。 [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木) 21:20

» 「武士の一分」その一分とは確りした考えを持つ事だ! [オールマイティにコメンテート]
「武士の一分」は高視聴率男である木村拓哉11年振りの主演映画で、山田洋次監督作品として注目の時代劇であり、毒見役の侍が毒に当たり、失明してその葛藤と苦悩と絶望などが描かれている。木村拓哉が時代劇に挑戦する事そのものが異例だけに多くの人が注目するだろうし、...... [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木) 23:00

» 武士の一分(いちぶん) [タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌]
製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 121分 監督 山田洋次 原作 藤沢周平 脚本 山田洋次 、平松恵美子 、山本一郎 音楽 冨田勲 出演 木村拓哉 、檀れい 、笹野高史 、小林稔侍 、赤塚真人 、綾田俊樹 、 近藤公園 、岡本信人 、左時枝 、大地康雄 、緒...... [続きを読む]

受信: 2006年12月22日 (金) 05:08

» 映画「武士の一分」を観て [とみのひとりごと]
知らぬ間に涙が頬をつたう場面と、意表をつく笑いの場面と・・・。 [続きを読む]

受信: 2006年12月22日 (金) 07:11

» 「武士の一分」感想と、原作「盲目剣谺返し」比較 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
武士の一分見てきました。 原作の藤沢周平「盲目剣谺返し」を先に読んでしまっていたのですが、映画の方が面白かったし、好きだったかもしれないという、珍しい現象 (注)もともと、原作の「盲目剣谺返し」は、それほど面... [続きを読む]

受信: 2006年12月22日 (金) 08:21

» 武士の一分 [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
武士の一分(いちぶん) 2006年12月1日 全国公開 公式サイト: http://www.ichibun.jp/ ユナイテッド・シネマとしまえん スクリーン3 D-23 2006年12月1日(水)11時30分の回 ゴウ先生総合評価: C   画質(ビスタ): B   音質(SRD): A-... [続きを読む]

受信: 2006年12月22日 (金) 12:57

» 武士の一分 [ネタバレ映画館]
徳平(笹野高史)の子孫は上京し、やがて鈴木建設社長の運転手へ・・・ [続きを読む]

受信: 2006年12月22日 (金) 22:05

» 武士の一分 [銀の森のゴブリン]
2006年 日本 2006年12月公開 評価:★★★★☆ 監督:山田洋次 原作: [続きを読む]

受信: 2006年12月22日 (金) 22:57

» 「武士の一分」 [てんびんthe LIFE]
「武士の一分」よみうりホールで鑑賞 今日は木村拓哉くんの34才のお誕生日なのだそう。おめでとうございます。 そんなキムタクファンで溢れるよみうりホール、立ち見がでるほどの大盛況。国際フォーラムでは「犬神家の一族」の舞台挨拶があってみなさんそちらへ出かけていると思っていたのに甘かったな。座れたんですけどね。 ストーリーの原作は藤沢周平。山田洋次監督との3部作最終章。とはいえ、前2作品はみていません。特に続編とかそういうのではないらしいのであまり気にしませんでした。 ストーリーも殿様の毒見役... [続きを読む]

受信: 2006年12月22日 (金) 23:24

» これで完結『武士の一分』(2006年の17本目) [ON THE ROAD]
    あ〜原作を読んでおくんだったな。 観終わってからすごく後悔した。 なぜならストーリーに大きな展開がなく、 そこを期待していくと空振りしてしまうからだ。 監督の山田洋次さんが 「藤沢さんの素晴らしい時代劇がたくさんあるなかで、 一本の映画にするには、あまりにも短かったり、断片的だったりして、 なかなか一本の映画にするのは難しい。〜(中略)〜 『盲目剣谺返し』はちゃんと一本の映画ができる素材な�... [続きを読む]

受信: 2006年12月23日 (土) 08:56

» 武士の一分 [Akira's VOICE]
オーソドックスな物語に新鮮味は無くとも, 見終わった後に残る感情は優しく心地良い。 でがんす。 [続きを読む]

受信: 2006年12月23日 (土) 20:31

» 武士の一分 [sigh.]
やっぱり、と思うところと、おぉ!と思うところがありました。 [続きを読む]

受信: 2006年12月23日 (土) 21:37

» 「 武士の一分 (2006) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
監督・脚本 : 山田洋次 出演 : 木村拓哉  / 檀れい  / 笹野高史 他   公式HP : http://www.ichibun.jp/ 「 武士の一分 (2006) 」 原作は、藤沢周平箸 『盲目剣谺返し』(... [続きを読む]

受信: 2006年12月23日 (土) 23:42

» 「 武士の一分 (2006) 」 [MoonDreamWorks]
監督・脚本 : 山田洋次出演 : 木村拓哉 / 檀れい / 笹野高史 他 公式HP:http://www.ichibun.jp/「 武士の一分 (2006) 」原作は、藤沢周平箸 『盲目剣谺返し』(文春文庫刊『隠し剣秋風抄』所収)山田洋次監督の「たそがれ清兵衛」、「隠し剣/鬼の爪」に...... [続きを読む]

受信: 2006年12月23日 (土) 23:44

» 「武士の一分」 戦い、そして妻の深い愛に気付く [はらやんの映画徒然草]
「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」に続く山田洋次監督の時代劇三作目です。 前二作 [続きを読む]

受信: 2006年12月24日 (日) 06:04

» ■週末の学び12/1「武士の一分」〜あなたの一分とは?〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
映画から 生きざまを 学びましょう! [続きを読む]

受信: 2006年12月24日 (日) 10:06

» 「武士の一分」 [みんなシネマいいのに!]
 三村新之丞は、毒見役を務める下級武士で、美しい妻・加世と中間の徳平と穏やかな [続きを読む]

受信: 2006年12月24日 (日) 17:32

» 武士の一分 [映画鑑賞★日記・・・]
『武士の一分』 公開:2006/12/01(12/03鑑賞) 監督:山田洋次 原作:藤沢周平     『盲目剣谺返し』(文春文庫刊『隠し剣秋風抄』所収) 出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、小林稔侍 [続きを読む]

受信: 2006年12月24日 (日) 21:52

» 武士の一分 [シャーロットの涙]
三村新之丞は、近習組に勤める下級武士。毒見役という役目に嫌気がさしながらも、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。 ある日、毒見の後、新之丞は激しい腹痛に襲われる。あやうく一命はとりとめたが、高熱にうなされ、意識を取り戻した時は、視力を失っていた。 人の世話なしで生きられなくなった自分を恥じ、一度は命を絶とうとしたが、加世と徳平のために思い留まった。 ある日、加世が外�... [続きを読む]

受信: 2006年12月24日 (日) 22:40

» 【劇場鑑賞134】武士の一分 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
『ともに死するをもって、心となす。勝ちはその中にあり。必死すなわち生くるなり。』 人には命をかけても守らねばならない一分がある。 [続きを読む]

受信: 2006年12月24日 (日) 23:08

» 試写会「武士の一分」 [日々“是”精進!]
ワーナー・マイカル・シネマズで行われた「武士の一分」の試写会に参加してきました日本映画界を代表する山田洋次監督と、木村拓哉が始めて組んだ話題作。藤沢周平の原作である短編を基に描く時代劇3部作、「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」に続く最終章。ストーリーは...... [続きを読む]

受信: 2006年12月25日 (月) 04:12

» 映画vol.98 『武士の一分』*舞台挨拶付試写会 [Cold in Summer]
 『武士の一分』*舞台挨拶付試写会 監督:山田洋次 出演:木村拓哉  公式サイト キャナルだから舞台挨拶(キムタク)来るかな!?ちょっと期待しつつ、ハガキで応募。 当日電話で確認しても、無いとの事。が、監督・檀れいさん御....... [続きを読む]

受信: 2006年12月25日 (月) 14:28

» 武士の一分 [愛猫レオンとシネマな毎日]
山田洋次監督の時代劇、原作、藤沢周平3部作がついに完成。 ラストを木村拓哉主演でやるなんて思い切ったなあと思います。 映画初主演、それも時代劇ですから・・・ 今、時代劇が熱いですね。いい男だったら時代劇ですよ。 岡田君も「花よりもなほ」加瀬亮さんも出...... [続きを読む]

受信: 2006年12月25日 (月) 22:46

» 武士の一分 [まぁず、なにやってんだか]
地元紙の懸賞で近所の映画館の招待券が当たったので、「武士の一分」を観てきました。 キムタクが時代劇に出るとどんな感じなのか興味があったのと、藤沢周平の原作だからというので期待して観ました。 キムタクの顔立ちがサムライっぽくないので、慣れるのに少し時間がかかりました。真面目なサムライなのかと思ったら、軽口もたたいてクスッと笑わせます。 徳平(笹野高史)とのやりとりが楽しく、暗い内容になりそうなところを明るくしてくれました。 加世(檀れい)がとても美しく、新鮮な女優さんなのでとても好感が... [続きを読む]

受信: 2006年12月26日 (火) 10:58

» 武士の一分 [ビター☆チョコ]
東北の小藩、海坂藩の下級武士、三村新之丞(木村拓哉)は藩主の毒見役を務めている。新之丞にとって不本意な仕事ではあるものの、美しい妻、加世(壇れい)とつましいながらも幸せな日々を送っていた。そんな幸せな日々を突然に揺るがすような出来事が起こる。毒見を努めていた新之丞が毒にあたって失明してしまうのだ。そして彼は視力だけでなく、もっと大切なものを失うことになってしまう。最初に言っておきますが大の「藤沢周平ファ�... [続きを読む]

受信: 2006年12月26日 (火) 22:37

» 141.武士の一分 [レザボアCATs]
実は私は'01年の岡本喜八監督『助太刀屋助六』を見て、面白かったので、以来、近年の時代劇映画はちゃんと映画館で見ていたりします。山田洋次監督の藤沢周平原作、時代劇3部作。この前2作、'02年『たそがれ清兵衛』も、'04年『隠し剣鬼の爪』も、映画館で実はコンプ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 00:32

» 映画「武士の一分」 [ぼくと、師匠と・・・明日へ  DAO]
今日は映画の日で1000円で映画を鑑賞できる日 この日に「武士の一分」を公開してくれる松竹の配慮!?に ぼくは感謝しつつ観てきました。木村拓哉主演映画を師匠!! 山田洋二監督の時代劇3部作のLASTを飾る作品 ぼくは、1作目の「たそがれ清兵衛」 2作目の... [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 01:24

» 『武士の一分』 [唐揚げ大好き!]
  『武士の一分』   人には命をかけても守らなければならない一分がある。   キムタクよりも山田洋次色が濃かったかな。 上質な時代劇になっております。 勿論、キムタクはどこまで行ってもキムタクでしたけどね。 でもそんなに悪くはない、笑いもあったしちょっ... [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 07:11

» 「武士の一分」映画館レビュー 一分への距離 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
山田洋次監督は、今もなお進化し続ける巨匠。僕が武士の一分を語れるには、あと何年かかるだろう。 [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 09:27

» 『武士の一分』 [ふつうの生活 ふつうのパラダイス]
十何年も主婦業やってると、どうもやっぱり飽きてきて、だれてきて、いい加減になってきて手抜きになってきて、なんだかつまんないなあ、もっと意味のある仕事やりたいなあ、なんてそんな風に思い始めるもんです。掃除とか片付けとか、だんだん手抜きになってきまして。特...... [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 12:33

» 武士の一分 [吾輩はナマケモノである。]
藤沢周平の原作「隠し剣秋風抄 盲目剣 谺返し」を読んでいたので、話の展開は知っていたのですが・・・・観ていてジワっと涙がでました。 室内や縁側からの映像が多いのですが、季節の移ろいから三村新之丞(木村拓哉)や妻の加世(檀れい)の感情、寂しさや侘しさを見せる山田洋二監督の腕はさすがです。 映画の世界に引き込まれました。 若手二人の脇をお馴染みの笹野高史、小林稔侍、緒形拳が固め、口うるさい叔母を桃井かおりとベテランがしっかりと�... [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 13:28

» 女にも一分がある「武士の一分」★★★★★ [ちいろぐ]
木村さんが主演ということで、★ひとつご祝儀でつけました〜(* ̄m ̄)プッ 昨日の映画日、武士の一分を見に行った。 映画の日だし、話題の映画だったから、絶対混んでると思いきや、ガラガラ。 レイトショーだったからかなぁ。 あまり期待せず、キムタクの顔を見にきたつもりで映画を見た。 …予想を裏切り、めっちゃよかったー! お話はお毒見役のキムタク演じる三村新之丞が、毒にあたり失明する。 そんな新之丞を支える妻加世は、 新之丞の上司である島田にだまされ「てごめ」に。 それ... [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 14:14

» 「武士の一分」みた。 [たいむのひとりごと]
「労災は適用されないのか!」 まずそう叫びたかった。『・・大儀』。。。。「え?・・それだけかよっ」って”ミムラ”なツッコミをしたのは私だけ??でもー、労災は適用された!?ヨカッタヨカッタ(笑)(以下、若干のネタバレあり。。。あ、以上で既に... [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 16:58

» 「武士の一分」 now roadshow! [とりあえず生態学+]
武士の一分(いちぶん) 製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 121分 監督 山田洋次 製作総指揮 迫本淳一 原作 藤沢周平 脚本 山田洋次 、平松恵美子 、山本一郎 音楽 冨田勲 出演 木村拓哉 、檀れい 、笹野高史 、小林... [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 19:09

» 鳥 〜「武士の一分」〜 [サナダ虫 〜解体中〜]
山田洋次監督作品、木村拓哉主演の、 映画 「武士の一分」を観た。 藤沢周平時代劇映画化3部作の第3弾で完結。 下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻の加世(檀れい)とともに幸せに暮らしていた。 しかし、藩主の毒見役を務め、失明してしまったことから人生の歯車が狂い始める! 感想。 ①毒見時間、もう少し長い方がよくないか?? ②って、たったの5品か・・。(しかも一口。・・不安) ③�... [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 22:44

» 武士の一分 [監督 : 山田洋次] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
妻の不貞を知り、今すぐ離縁する、と怒りを露にするキムタク。 三隅研次演出の市川雷蔵なら、壇れいはその場で斬られてそう・・・壇れいが手込めにされるシーンでもおっぱいの片っぽくらいは出させただろう・・・  キムタク:盲人だからといって油断めさるな  笹野高史:目が見えないからといって油断されぬようにと・・・ 黒澤明演出だったらこんな感じか  三船敏郎:メクラだからって手加減するこたねえ  左ト全:メク�... [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 (金) 00:24

» 武士の一分/「知る」ということ [マダム・クニコの映画解体新書]
男性にとって都合の良い女性像が描かれており、観ていて気分が良くなかった。だが、若者の成長物語ということで観れば、それなりに得るものはある。 goo 映画  「武士の一分」にこだわるあまり、献身的な愛を捧げてくれる妻・加世と話し合うこともせず、即刻、離縁を言い渡す短絡な夫・新之丞。  手篭めにされた妻をいたわるのではなく、「妻を寝取られた、人の世話にすがる人生はいやだ」と、自分の名誉をまず考えるありよう�... [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 (金) 00:38

» ★「武士の一分(いちぶん)」 [ひらりん的映画ブログ]
SMAPのキムタク主演の時代劇。 彼のファンの人は、「キムタク」とは呼ばないそうですが、 良い意味のあだ名なので、敢えて。 結構スマップ好きなひらりんなんですっ。 [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 (金) 00:51

» 『武士の一分(いちぶん)』 (初鑑賞118本目・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆★-- (5段階評価で 2.5) 12月2日(土) 109シネマズHAT神戸シアター9にて 18:40 の回を鑑賞したでがんす。{%kado%} [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 (金) 00:54

» 武士の一分 [なんちゃかんちゃ]
SMAPの木村拓哉が初めて時代劇の主演を務めた話題作。「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」に続く藤沢周平原作時代劇三部作の最終作。監督&脚本は前2作と同じく山田洋次 [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 (金) 09:43

» 映画「武士の一分」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「武士の一分」 山田洋次監督による藤沢周平時代劇映画化三部作の最後の作品。 「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味。 舞台は江戸時代末期、東北地方にある架空の藩である海坂藩。下級武士・三村新之丞(木村拓哉)と妻・加世(檀れい)は慎ましくも平和な暮らしを送っていた。ところが、新之丞は役目で食べた貝の毒に当たって失明してしまう。 “毒見役”という役職にスポットが当てられるのが珍しい�... [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 (金) 23:02

» 武士の一分 [とっさの絵日記]
今日は映画の日。公開初日の「007/カジノ・ロワイヤル」と「武士の一分」のどっ [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 15:41

» 感想/武士の一分(試写) [APRIL FOOLS]
キムタク×山田洋次監督『武士の一分』12月1日公開。事故により光を失った下級武士。目は見えなくなっても、守るべきものは見失わず。 武士の一分 随分小さないち夫婦の物語。キムタク、嫁(壇れい/元タカラジェンヌルーキー)、使用人(笹野高史)の3人で話のほとんどを回してきます。人として、武士として譲れないものと夫婦愛ですか。やたらわかりやすいストーリーで、捻りなし。すなわち、あんまりおもろくなし。 キレイすぎる顔って時代劇に不向きな気がするんだけど、どうよ? 『花よりもなほ』の岡田君然り、今... [続きを読む]

受信: 2006年12月31日 (日) 01:57

» 劇場『武士の一分』 [映画ダイエット]
監督:山田洋次 出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、岡本信人、左時枝、綾田俊樹、桃井かおり、緒形拳、赤塚真人、近藤公園、歌澤寅右衛門、大地康雄、小林稔侍、坂東三津五郎、他 チャンバラ映画かと思ってたら、ラブストーリーですた。奥さんが色っぽくてステキですね~。あ..... [続きを読む]

受信: 2006年12月31日 (日) 09:12

» 武士の一分 [5125年映画の旅]
海坂藩の下級武士・三村新之丞は、藩主の毒見役として、妻・加世と共に静かに暮らしていた。ある日、毒見として食した貝の毒によって三村は倒れてしまう。一命は取り留めたが、彼は視力を失っていた。絶望の中、加世は主人を救うため奮闘する。 『たそがれ清兵衛』、『隠...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 08:07

» 【武士の一分】 [NAO−C☆シネマ日記]
・・キムタクの時代劇&ちょんまげ&方言 どうだろ??{/hiyo_face/} そんな気持ちもありつつ、ちょっと興味あったので観てきました。 今更だけど、タイトルの“武士の一分”・・、一分って?? 初めてタイトルを聞いた時思いましたが{/face_ase2/} 命を懸けて守らなければいけない面目・名誉の事なんですね〜 結論から↓↓ 意外と良かったでがんす。{/hiyob_uru/} この「〜〜がんす。」が妙... [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 14:08

» 武士の一分−(映画:2007年1本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:山田洋次 出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、小林稔侍、緒形拳、桃井かおり、坂東三津五郎 評価:77点 公式サイト (ネタバレあります) 「木村拓哉」はいつまでたっても「木村拓哉」であって、どこで何をしていても「木村拓哉」なんだよ....... [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 22:23

» 武士の一分 [Schicksal]
藤沢周平原作・山田洋次監督作品「たとがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」に続く、3部作完結編「武士の一分」を見てきた。 僕のこの映画で感じたもの。それはやっぱり『愛』。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 22:49

» 武士の一分 [とにかく、映画好きなもので。]
 一分とはどういう意味なのだろうと、考えてみた。  近習組に勤める下級武士である三村新之丞(木村拓哉)は、上方の毒見役という役目を負っていた。その役目にはあまり意義を感じず、嫌悪感を持って接していたが、美しい妻・加世(檀れい)と中間の徳平....... [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 11:47

» 『武士の一分』&『砂の器』 [局の独り言。]
公式サイト - 武士の一分 Yahoo!映画 - 『武士の一分』特集 Yahoo!映画 - 武士の一分(いちぶん) 解説: 山田洋次監督の藤沢周平時代劇映画化三部作の最後を飾るヒューマンドラマ。主演に『2046』で世界にも活躍の場を広げた木村拓哉を迎え、幕末に生きる武士の名誉と夫... [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 21:06

» 武士の一分(06・日) [no movie no life]
「譲らない心。譲れない愛。 人には、命をかけても守らねばならない一分がある。」 思い描いた人生が崩れ、信じていたものにも裏切られる。そんなとき、人は何を思い、どう動くのか。 海坂藩主の毒見役により失明した三村新之丞(木村拓哉)を、見えないことへの苛立ち、人... [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 23:39

» 武士の一分 [お萌えば遠くに来たもんだ!]
今更ながら観てきました。 <新宿ジョイシネマ> 監督:山田洋次 原作:藤沢周平 『盲目剣谺返し』 脚本:山田洋次 平松恵美子 山本一郎 音楽:冨田勲 毒味役三村新之丞は、ある日貝の毒にあたって失明してしまう。自暴自棄になる新之丞を、妻の加代、中間の徳平は懸命に支えるのだった・・・。 時代劇を映画館で観たのは、とても久しぶり(ぶっちゃけ、キムタクじゃなければ観に行く気にならなかったカモ)。公開から一�... [続きを読む]

受信: 2007年1月10日 (水) 23:20

» 武士の一分 [こころね*]
譲らない心。 譲れない愛。 命をかけて、守りたい愛がある。 ストーリー:幕末時代の海坂藩(山形県庄内地方に実在した庄内藩がモデル、現在の鶴岡市)。 藩主の毒見役を務める侍、三村新之丞は妻・加世と慎ましくも幸せに暮らしていた。 だがある日、毒見の際に...... [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 10:35

» ムカイダーK3 [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
武士の一分 鑑賞 65点(100点満点中) 『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』に続いて、藤沢周平の時代小説を原作とした、山田洋次監督の時代劇映画の三本目。 前二作は、表題作以外の作品からもネタを抽出し、いくつかの短編を融合させて一本の映画としていたが、本....... [続きを読む]

受信: 2007年1月12日 (金) 21:24

» 武士の一分☆独り言 [黒猫のうたた寝]
昼間から夕方にかけて・・・すっごく眠くってしかたなかったので寝ちゃうかも^^;と思いつつ・・・寝たらもう一回観にいけば~なんてヤツになってる猫ですが(笑)仕事帰りに『武士の一分』観にいってきました。藤沢周平の時代劇第3弾・・・『隠し剣鬼の爪』はうたた寝15分く...... [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 00:17

» 武士の一分 [skywave blog]
日本的な音の響き、蛙や蝉の鳴き声、秋の虫の音、こんなに美しかったのですね。主人公が視力を失う設定のためか、音の響きが印象に残りました。日常の生活音も、効果的に使われて [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 20:14

» 「武士の一分」 [不良中年・天国と地獄]
1月8日(月)新宿ジョイシネマ1にて藤沢周平原作、山田洋次監督というコンビによるシリーズ3作目。主演にテレビドラマの視聴率男、木村拓哉を迎えた超話題作です。制作=2006年 松竹映画 121分。出演=木村拓哉、檀れい、坂東三津五郎、笹野高史、小林稔侍、...... [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 21:48

» 映画「武士の一分」 [アンナdiary]
毒見をして失明した後の木村拓哉が素晴らしかった。もう木村拓哉ではなく「三村新之丞」だった。派手さはないけれど、後からじわじわとくる心に染みる作品です(ネタバレあり)■記念なので、少しの間この記事をTOPにしておきます♪ [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 23:13

» 「華麗なる一族」で主役の木村拓哉だけが [ネット丸トク情報]
1月14日、木村拓哉さん主演の注目ドラマ「華麗なる一族」(TBS)がスタートしました。わたしもしっかりチェックしましたよ。初回視聴率は関東地区で27.7%、関西地区では30.5%(ビデオリサーチ調べ)と高い数字を叩き出しました。テレビ雑誌記者によれば、...... [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 15:59

» 武士の一分(2006年12月1日公開) [オレメデア]
人には,命がけで守るべきものがある. 守るべき愛がある. 人はそれを,一分(いちぶん)と呼んでいる. ----(PR)---------- リンクサービスのお知らせ オレメデアに,あなたのブログ(ホームページ)のリンクを張らせてくれませんか? リンクを張ることで,1ヶ月あたり30...... [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 16:57

» 武士の一分 [小部屋日記]
(2006/日本)【劇場公開】 監督:山田洋次 出演:木村拓哉/檀れい/笹野高史/桃井かおり/坂東三津五郎/緒形拳 /小林稔侍 冒頭の雰囲気から「蝉しぐれ」に似てるなあと思ったら、原作は藤沢周平だったのですね(原作:盲目剣谺返し)。 「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味。 一分を奪われた武士の物語。同時に美しい夫婦愛を描く時代劇。 主人公の下級武士を演じた木村拓哉の集中力を感じました。 いいか悪いかは別にし... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 22:51

» 武士の一分 07019 [猫姫じゃ]
武士の一分 2006年   山田洋次 監督   藤沢周平 原作木村拓哉 檀れい 笹野高史 小林稔侍 緒方拳 桃井かおり 板東三津五郎 キムタクって、童顔すぎるよねぇ、、、 山田監督の、時代劇三部作最終章。 なんだケド、微妙だなぁ、、、 ま、勝手に、もっと....... [続きを読む]

受信: 2007年1月25日 (木) 13:06

» 武士の一分 [Enjoy Life♪]
人には命をかけても守らなければならない一分がある――。 [続きを読む]

受信: 2007年2月 1日 (木) 16:12

» 武士の一分 DVD [噂の情報屋]
山田洋次監督による「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」に続く 藤沢周平原作の時代劇三部作の最終作。 「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味の通り 侍の義と夫婦の愛に白刃閃く復讐譚を絡めた異色の物語が展開されます。 主演に木村拓..... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 19:21

» 武士の一分 豪華版(S) (5万セット限定 3大特典付) [まずは小さな努力の積み重ねでガンバ!]
山田洋次監督による『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』に続く、藤沢周平原作小説の映画化。役目のため失明した下級武士を支える妻と中間、そして一分を通すため復讐に挑む侍の姿を描く。主役の武士に木村拓哉。その妻に映画初出演の壇れいが扮し、新鮮な存在感を見せている。 ... [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 13:01

» mini review 07067「武士の一分」★★★★★☆☆☆☆☆ [サーカスな日々]
カテゴリ アクション 製作年 2006年 製作国 日本 時間 121分 公開日 2006-12-01〜2007-02-16 監督 山田洋次 ストーリー 毒見役の下級武士、三村新之丞は、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。ある日、毒見の後、新之丞は視力を失うほどの病気を負い、武士として役に立たない体になってしまう……。続きを読む 出演 木村拓哉 桃井かおり 坂東三津五郎 小林稔侍 笹野高史 緒形拳 檀れい 赤塚真人 詳細情報 新之丞を... [続きを読む]

受信: 2007年8月13日 (月) 23:35

« 地域防災イベント(後編) | トップページ | 優勝のゆくえは? »